新生活を始めるならエムスタイルで部屋を探そう

男の人と女の人

投資物件にお勧めの仕組み

住宅模型

マンションやアパートに投資することで家賃収入は得ることができるようになりますが、問題は家賃が必ず毎月支払われるとは限らない点です。経済状況が急激に悪化すればどうしても家賃の支払いは滞りがちになり、投資物件から収益を得ることは難しくなります。そこで、利用したいサービスに家賃が滞納されたときに補填してくれる家賃債務保証があります。このサービスを投資した物件に取り入れておくことで、毎月安定した家賃収入を確保することができ、家賃が回収できなくなるリスクをヘッジすることができます。また、家賃の滞納問題は深刻になれば裁判にて争うこともありますが、家賃債務保証会社と契約をしておくと裁判へ出向く必要はなくトラブルに巻き込まれずにすみます。

家賃を受け取る大家がこの家賃債務保証サービスを契約するときは、料金負担はなく保証料は入居者が負担します。一見すると、入居者の負担は大きくなっているように感じますが、その分礼金や敷金を無くすことで入居者への負担を軽減することができます。入居者にとっては、初期費用が多額になる物件の入居は敷居の高いものですが、礼金や敷金が無い物件は敷居を低く感じ契約を決めやすくなります。この点で、大家側にとっては物件の入居率を上げることにもつながります。入居者はさまざまな物件を比較検討して、入居先を決めますが特に初期費用の安い物件を探しているケースも多いです。そこで、投資物件に家賃債務保証サービスを取り入れ、初期費用の安い物件を生み出し、入居希望者の目に止まりやすく工夫するのもいいでしょう。