新生活を始めるならエムスタイルで部屋を探そう

男の人と女の人

代わりになってくれます

ウーマン

必ず必要です

日本中には多くの賃貸物件があって、多くの方々によって利用されています。賃貸物件は自分の資産になるわけではありませんから、固定資産税や都市計画税などの税金類を支払う必要がありません。また、屋根が壊れてしまったり、外壁にヒビが入ってしまっても、自分で修理をする必要がないのです。そのため、毎月の家賃を貸主に対して支払っていくだけで住む事が出来る、非常に便利な住宅なのです。その賃貸物件ですが、借りる際には必ず賃貸契約を貸主と結ぶ必要があります。その際には必ず連帯保証人が必要になってきます。連帯保証人は万が一の際に、借主に代わって責任を負う立場です。ですから、連帯保証人が見つけられないと、賃貸契約を結ぶ事が出来ません。

保証人を代行してくれます

連帯保証人は親や兄弟などになってもらうケースがほとんどですが、友人や知人に連帯保証人を依頼するケースもあります。しかし、核家族化が進んでいる現代社会では、家族に連絡がつかない方も多数います。また友人に頼みづらいと言う方もいるでしょう。そのような方々によって多く利用されているのが賃貸保証会社です。賃貸保証会社は連帯保証人を代行してくれる会社で、賃貸保証会社のサインがあれば賃貸契約を結ぶ事が出来ます。借主にとってもメリットがありますが、貸主にとっても賃貸保証会社は魅力的です。賃貸保証会社が連帯保証人になってくれる事によって、自分の物件を貸し出す事が出来るからです。どちらにとってもメリットのある賃貸保証会社ですから、今後も利用者が多くなるのは間違いありません。